偏差値70からの大学受験あとがき

 

 

からの続きです。


 

あとがき

 

学歴社会ほど、人に優しい社会はない

 

この「ドラマ」を通して、どうしても伝えたかった事がある。それは「学歴社会ほど、人に優しい社会はないのではないか」という事だ。

「死を決意しなければならなかったじゃないか、受験なんて恐ろしいものだ」、そう感想を抱いた読者の方は多いかもしれない。しかし僕は、そのさらに一歩先にある事を伝えたいのである。

 

世間では「学歴とはひどいもの」、とよくバッシングされる。しかし本当にそうなのか。 学歴社会ではその「学歴」でしか人は判断されない。上に這い上がるには、良い大学に行かねならない「プレッシャ−」がある。しかしそのチャンスは何回もある。浪人は何度でもできるし、一般より偏差値の低い、「編入」という手段まである。

つまり中学入試、高校入試、大学入試、浪人、編入、大学院入試と実に6回もやり直せる機会がある。その気になれば、大学なんて社会に出てからも受験できる。「社会人枠」なるものもある。

そしてこの「ドラマ」を見て、分かってもらえただろう。「受験」は勉強し続ければ必ず合格する。誰もが勝利を手にできる。

運命を引っ繰り返す、もしくは自分自身を変える位の勝負を挑むとき、チャンスが何回もある、「受験」というフィ−ルドで僕は本当に良かった。2浪目は編入を入れて、7回もの試験があった。もし一発勝負なら、慶応のSFC失敗で僕は、完全な敗者になっていたはずである。

最終的に僕のドラマとは、実は「失敗の許された勝負」だった。「失敗があってこその勝負」だったのだ。

世の中はサバイバルだ。人間全員に「差」が生まれる。その「差」を決めるものが、もし「学歴」じゃなかったらどうなるか。

その明らかな例がスポ−ツだ。誰もがイチロ−と同じ練習量を積めば、彼と同じ様な野球の実力を身に付け、メジャ−リ−グで活躍できるのか。そうじゃない。「努力」を超えた、「才能」で勝負が決まってしまう。「差」が努力だけでは決まらない。選ばれたものしか「勝利」を手に出来ない。これほどの「絶望」はないだろう。

「学歴」に「個性」はない、だからこそ素晴らしいと思う。誰もが努力すれば必ず手にできるからだ。何て人に優しいんだろうか。「偏差値じゃない」、こんな甘い言い訳があるから話がおかしくなり、「何で勉強するか」という命題の意味が、分からなくなってしまうのだろう。

どんな場所にいる人にでも言える。中学生、高校生、大学生、社会人、今居るその場所に、本当に満足しているのかという事だ。正直になって、本当の自分を見つけだそう。そうすれば全て楽になれる。

もしまた走り出す人がいたら、是非ともこの「ドラマ」を力に変えてほしい。「こんな悲惨な話があるんだ、自分はマダましか」、こう感じてくれたとき、この「ドラマ」はあなたを初めて大きく揺り動かす。必ず加速させてくれる。

 

僕のこの人生は一度きり。自分は輝いていたい。だけど現実には、他人との否定できない「差」が生まれる。安堵に落ち着けない。いつまでも走り続けさせる。恐くて恐くてしょうがない。「僕は一体何者なんだ」、そう毎日毎日、怯えていた。

そんな時、探し続けた本当の「自分」が、僕の目の前に現れた。

「いくらでも失敗していいよ、君はやり直せるんだから」

それは初めて僕に差し伸べられた、「救いの手」だったのかもしれない。

 

シンジさんのその後

 

経歴:神戸大学夜間脱出

東北大学法学部編入

卒業後、「通訳」をこなすかたわら

「国際公務員」を目指して受験勉強中

 

あのドラマを狂った方向に大きく導いたのは、言うまでもなくこの男。私自身も「師」と仰ぐ彼の自虐的な生き方は、あれから3年が過ぎ去った今では、もはやカリスマの領域に。ただし栄養失調で死んではいない。

「組織に入ると所詮煩わしい人間関係に悩まされることになる。どんな場所にいても、いつでも強気でいられるように、確固たる自分自身の力が欲しい。」こう言い放ち、彼は「学歴」が唯一有効である、「一流会社」への就職活動を一切行わなかった。あれだけあこがれて、そしてようやく手に入れた「学歴」を、いとも簡単に捨ててみせたのである。

「学歴は学生生活、もしくは20代を楽しく過ごす、一つの要素に過ぎないですね。とりあげられたらそこには何も残りませんし。もちろん無いよりあった方がいい。それくらいのもんでした。実際手に入れてみたら。」彼は私にこう繰り返したのだった。

東北大学に入学後、法律を勉強する傍ら、英語の勉強を脅威のペースでヤリまくり、確固たる「英語力」という武器を身につけた。ちなみにTOEICは885点、国連英検A級取得。受験で培った努力は、こうして彼を次の段階へと押し上げたのだった。

今では得意の英語力を活かし「通訳」をこなしつつ、さらなる高み、「国際公務員」を目指して勉強中である。その先の目標は、「世界」をその身で実際に触れ合い、そして動かしていくことである。

彼のその後を見ると、僕はこう確信する。

やはり人生は階段であった、と。彼は突然「天才」になったのではない。受験合格⇒英語神レベル到達⇒国際公務員受験と、確実に上へと駆け上がっただけなのである。「でかい事やりたい」って誰もが考えているだろう。しかしそんな「でかい事」を成し遂げるんだったら、毎日地道に努力しなければならないのだ。「階段」を一歩一歩登らねばならないのである。

逆に言えば、「努力」さえ怠らねば、必ず上へと進める。周りの人間を批判し、不具合を社会のせいにしてばかり。そんな事をしている場合ではないのだ、結局人生は全て「自分自身」にかかっているのである。

今のシンジさんの活躍する場所は、もはや「学歴」はあって当然の領域である。話題の一つにしかならない程度のものだ。ただし注意して欲しい。だからといって「学歴」はくだらない、と言っているのではないのだ。「努力」「精神」を磨き、自分自身を高めるためには、「受験」を避けては通れないのである。

最後に彼のメッセージを記し、終わりとしたい。

「社会」で一流になるには、「受験」での数倍の努力が必要となる。だから「学歴」だけで終わり、「社会」では使えない者も出てくるだろう。それが世に言う「学歴批判」だ。しかし「受験」程度の努力が出来ず、鍛錬を否定し続けた者が、「社会」で一流になることだけは絶対にありえない。これだけは「真実」だと思う。

 

 

バクダンのその後

 

経歴:神戸大学夜間卒業

某大手スーパーチェーン内定

 

「夜間クサイ」と侮辱され、彼はそのショックにしばらくは口も聞けなかった。

あの傑作なエピソードから早4年。彼はその後まさに「出来すぎ」の人生コースをたどる。「夜間はいやだ」「やっぱり好きだ」、まるでピンポン玉のようにコロコロ意見を変え、悩んでいるうちに嫌な勉強に一切手が回らず、気付けばお決まりの形で4年間夜間在籍。「自分の人生って何だろう」、考えてばかりで何の行動も起こさなかったらしい。バイト先のスーパーチェーンにそのまま内定ゲット。就職活動も、本気だったのかどうかさえ不明。

後日談だが、彼は「編入は受けない」と言いながら、シンジさんと同じ東北大学をコソコソ受験していたらしい。わざわざ神戸から東北まで。何か憎めない、そんな陽気な彼であった。

 

大学4年間、僕を心の底から夢中にさせたもの。それは何を隠そう、「学問」だった。

僕がとった将来への選択。それはさらに「学問」を追い求めるという道。院進学も視野に入れながら、僕は今夏留学する。俗に満ち、「偏差値」に溺れあがいた男の、誰もが想像し得ない一応の結論だった。

就職活動が迫ってきた。世間で言う一流企業、エリートコース。もう僕には全く眩しくは映らなかった。

それよりも自分自身の学問における「可能性」。さらに努力を続ければ、こんな僕でもどこまでその「可能性」を広げられるのか。

可能性は「学問」だけじゃない。その先にもまだまだあるみたいだ。一つ「学問」の可能性を見つめていたら、まだまだ様々な領域で、様々な可能性の扉があることに気付かされる。

例えば人間関係、スポーツ、肉体的能力。もちろん就職、社会での適応能力。挙げればまだまだ尽きないだろう。もしもその全ての扉を開けることが出来たなら、一体どういう自分に出会えるのだろうか。胸の高鳴りは収まらない。

だからこそ、まずは「学問」を究めたい。一つ目の可能性をこの手でこじ開けたい。

「4年終わったら早く就職しなきゃ」、もうそんな時間感覚に意味はない。

まだまだ僕はこんなもんじゃない。まだまだ成長出来るんだ。

図々しくもこんな思いに囚われてしまった僕。

そこにはもう外部の価値基準など、全く必要はなかった。

皮肉なことだが、世間の言う「自分自身の物差しが必要なんだ」というキレイゴトが、今僕にとって一番大切なことになっている。

 

振り返るのも難しいが、そんな結論に至った僕の大学生活はこうだった。

どこにでもいる普通平凡の僕が、あの時「受験」を通して人生自体ある種異常な加速を上げた。

聞こえ良く言えば、「目標」「夢」にむけ頑張った。聞こえ悪く言えば、「努力」という一種の苦しみに耐え抜いた。

言い方はどっちだっていい。そうして、ただひたすら上だけ見つめてがむしゃら走り続けたら、ほんの少しでも自分自身の新しい「可能性」を見つけ出せた。少なくとも「勉強」という領域では、全く想像さえ出来ない新しい自分と出会うことが出来た。

自分自身の可能性を見つける一種の歪んだ喜び。そしてその方法。

これを体感してしまった僕が大学に入学した。

もう何も強制は無くなったが、今更走りを止めるなんて気持ちは一切起きなかった。せっかくついた加速だ、無駄にはしたくない。

「初めつらいけど、どんどんやりだせば楽しくなるランナーズハイ」、これがどんな事でも自分を新しい可能性へと押し上げる「流れ」。

こう確信を持っていた僕は、ひとます授業で触れ得る様々な「学問」に、時に情熱的に、時に冷静客観的にも没頭した。専門の経済学を筆頭に、文学、法律、社会学。そんな中で、特にのめりこんでいったのが「英語」だった。大学では「言語学」と呼ばれる領域である。今思えば僕にとっては俗っぽい、という点がよかったのか。ともかく熱中していった。

気がつけば教授の研究室に通い、また自分でどんどん勉強を始めている。

「君の力が試験で測られているうちは、真の学問ではない」、こんな言葉にいたく共感し、TOEIC900点、国連英検A級など主要な資格はその過程でとっていった(英検1級は惜しくも未だ取れていないが(笑))。

自発的にあえて自分を学問へと走らせるのは、瞬間的には確かにツライ。しかし、その過程で得られる力、可能性は大変な魅力であり、こうした状況を先程も「ランナーズハイ」と称した通りである。もちろんその基礎力は、あの受験で培われた事は言うまでも無いが。

 

こうして再び一人自分磨きに励むからこそ、僕にとって大学に入学した事にもう一つ大きな意味がある。

その意味を与えてくれたのは、心から尊敬できる仲間達だ。

自分ももっともっと頑張らなきゃいけない、そういつでもアツくさせてくれる仲間たち。彼らは僕の一番の宝物だし、こうした最高の環境は、この大学に入学しなければ得られなかったものだと強く感じている。

(もちろん神戸でも素晴らしい学生もいたのだろうが、僕自身がまだ受験勉強という努力レベル程度で苦戦していた。これでは話も釣り合わない。)

新入生時、もはや強制がなくなるとどの学生もこぞって勉強を止め、遊び狂ってしまう。これは人間だもの、仕方ない。

ただし1年から2年が経った時、「充電期間はもう終わり」とケジメをつけ、次の目標を自ら設定し再び走り出す学生がいる。そう、また自分自身だけの戦い、成長を志すのが彼らであり、僕にとってこうした友は貴重であり、また互いに切磋琢磨しあえる大切な存在だった。この時僕は初めて、受験勉強しまくりこうした大学に入学してきてよかったと思えた。

つまり同じ大学に籍を置いていても、長期でみればやはり様々な学生がいる。現状に満足か、さらに上を狙うか。どっちが良いか、正しいか、人それぞれなのは自明だが、僕はやはりいつまでも成長目指していく姿に共感し、感動する。

 

 

最後に、「偏差値70から大学受験」という腐ったドラマを、やはりこの言葉をもって終わりにしたい。

人生はどこまでいっても階段である、と。

でっかい夢を目指すなら、自分自身もっと高みへと駆け上がりたいなら、

そこには必ず苦しみに耐え、頑張る事が要求されてくる。

だからこそ目標をしっかりと見据え、努力を怠らないという「実行力」こそが、一番大切だとあの時強く感じた。

そして4年経って、その感覚は真理であるとまで今では信じている。

しかしここで一番大切なのは、そうした「実行力」は一朝一夕では身に付かないという事だ。

ある朝起きたら突然何でも出来る様になっていた、なんて事は絶対無い。

地道な努力を抜いて理想の自分になれる、なんて事は絶対無い。

僕の貴重な仲間に、公認会計士、司法試験、はたまた大学院へ学問のプロを目指して、日々見習うべき努力に励むヤツらがいる。勉強だけじゃない。演劇や音楽の道に熱中し、真似できない頑張りを見せてくれるヤツらがいる。

「どうしてそこまでやれるのか」、そう問いかけたとき、

彼らには共通して、今までも何かに打ち込んできた経緯が必ずある。

それが受験であったり、スポーツであったり、ともかく必死に何かを追いかけて、自らの「実行力」を着々と磨き上げてきた過程がある。

人はいつか果てしなく大きな夢を見る時がやってくる。その時に必要なことは、その高みを明確に捉え、惜しみなく努力を注ぎこめる「実行力」。

僕は階段を一歩ずつ歩みながら、日々「実行力」をまずは磨きたい。努力しているなら、上を目指しているなら、その時間は決して無駄じゃない、それだけは少しずつ分かってきた。「楽した方がいいよ、過程なんて関係ない」「結果こそが一番大事」、こんな言葉がいかにくだらないか。ようやく分かってきた。

夢の基準は結局全部自分の中にあったんだ。

まだまだ止まるには早すぎる。前を向けば道がある。

ドラマはいつでもこの手で起こせるもの。チャンスは誰にでもある。

図々しく、こんな僕がどこまでいけるのか、とことんやってみようかと思います。

それではここらへんで、

みなさんとはひとまずお別れですね。

お互い夢を追いかける時間は苦しいですが、

その「苦しみ」を「快感」と感じるようになってしまっては、もはや病気ですか(笑)

どうか、みなさんもお元気で。

いつかどこかで、会えたらいいですね。

極限まで腐敗し、何よりも誰よりも人間くさい、

そんな一つのドラマをここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。

さようなら。

そして未来へ。

 

 

 

 

2004年8月   作者 サイトウでした。

dngr

東大理三を目指して浪人し、東大模試で理三A判定、センター試験本番で93%得点したところまでは良かったが、550点中1.8点差で不合格になり、慶應医学部に進学して、勉強法ブログをずっと書いているどんぐり。 あと英単語・古文単語学習用アプリを作っています。

1 Comment
  1. 心を打たれました。自分はどれだけ甘い考えだったのかと。奇跡は自分の手で掴み取るものですよね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.