" />青山の未来を考える会について思うこと - CoCoStudy〜慶應医学部生が考える大学受験勉強法〜

青山の未来を考える会について思うこと

青山の未来を考える会というのがネットで炎上しました。

私は港区民ではありませんが、学生時代には青山にも田町にも頻繁にも通っており、私なりに思うところがあるので書いてみたいと思います。

予め言うと世論と逆行している部分があります。

 

今回の概要は、

 

東京都港区の南青山の一等地に児童相談所を含めた複合施設を建設するという計画に一部の住民が反対しているということです。

 

なぜ反対する住民がいるのでしょうか。

  1. 近隣住民への説明が足りない
  2. 治安・騒音で不安
  3. 建設費100億円をかけて一等地にこの施設を作る理由が分からない
  4. 海外の観光客も多く訪れる土地に不適切(外国人に関係もないし貢献もしない)
  5. ランチが1600円もする土地に児童相談所に相談しに来る親子なんているのか?

などの反対意見がテレビで放送されました。

児童相談所への無知と偏見、青山のプライドの高さなどが見え隠れして不快に思う人が多くいたのでしょうね。逆に反対住民の方が炎上してしまいました。

 

でもそれって的外れもいいところじゃないですか。

確かに児童相談所がうるさいとか、物価が高いのに貧乏な親子が来ても場違いだし生活できないというのは、実態を知らないんでしょうね。

実際はうるさい施設でもないし、児童相談所に保護される子供や親子はお金払わないので問題ありません笑

でも本質はそこではないでしょう。

青山に児童相談所が必要なのかという視点で見ない人が多すぎます。

明らかにいらないでしょう。

テレビのコメンテーターは「観光客が多いならそれこそ港区のアピールになるのでは。」と言っていましたが、無責任すぎます。

だって100億円ですよ。

田町に作ったらいくらかかるか知りませんが、仮に50億だとして、

50億円分のPR効果がないと、これはPRになってないってことですよね。

 

あるわけないでしょう。普通に。

もしあるというなら、「こういう計画でこれを逆に売りにします。」という説明が必要でしょう。それもしてないし常識的に考えてPRにならないんだから、なりません。

 

それからテレビでは児童相談所の元職員が出てきて

「児童相談所にネガティブなイメージを持つ人が多くて悲しい。寧ろ人をハッピーにする施設なのに。」

というようなことを言っていて薄っぺらい発言に反吐が出ました。

私も職業柄、児童相談所と関わったことが何度かありますから、住民の発言が児童相談所への無知と偏見に満ちたものであることは分かりますが…

 

いや、人をアンハッピーにするための施設なんてあるわけないだろ笑

 

刑務所だって原子力発電所だってそこで働いてる職員からすれば世のため人のためです。当然です。

でも明らかに刑務所の建設場所として不適切でしょう。

同じです。

ハッピーにするための施設だからどこに作っても良い理屈は通りません。

 

青山の土地が並の価格ならいいですよ。

違うでしょう?

日本有数のべらぼうに高い土地でしょう?

 

一般企業に「港区に児童相談所を作れ」というミッションが与えられたとして

 

「青山の土地買いました。ここに作りましょう。え、理由?特にないですけど、ここに作っちゃいけない理由もなくないっすか?」

なんて言う社員がいたらどう考えてもクビでしょう?

 

反対住民はそんな当たり前のことを主張しているのですが、頭に血が上りすぎて、児童相談所への無知と偏見、青山の選民思想的プライドを隠しきれず、炎上してしまいました。

ですが、反対住民を叩いている人たちの方こそ、私からみれば薄っぺらくて間抜けです。

セレブに嫉妬してるだけで全く実のある反論をしていないのに、それに無自覚な人が多すぎる。

「児童相談所の建設はあり得ないほど不合理で税金を払っている港区民は気の毒だ。だが、青山の嫌味なセレブ感が気に食わない。金持ち嫌い。」と正直に言えば良いじゃないですか。

dngr

東大理三を目指して浪人し、東大模試で理三A判定、センター試験本番で93%得点したところまでは良かったが、550点中1.8点差で不合格になり、慶應医学部に進学して、勉強法ブログをずっと書いているどんぐり。 あと英単語・古文単語学習用アプリを作っています。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください