選択肢型の問題の理解度には5段階ある〜センター対策に

 

選択肢型の問題の理解には5段階あると言われています。

 

センター試験の過去問でも5段階目まで味わうのと、解いて終わるのとでは成果が全く違います。

(正確には「解けない」も含めて6段階と思いますが。)

 

センターを含むどんな試験も、結局どの予備校の問題集よりも過去問が大事です

 

しかもセンター試験や国家試験は大勢のお偉い先生が1年かけて作った良問揃いです。

不正解の選択肢にまで意味が込められていることが多いのです。

 

広く浅くやるより深くやり込みましょう。

絶対に差がつきます。

 

解ける

問題が解けるだけです。一番簡単です。

消去法でも明らかに合ってる選択肢を選ぶのでも構いません。

簡単ですが、本番はこれで良いわけですから、この段階で満足してしまうのも無理はありません。

 

しかし、過去問の演習という意味では足りないのです。

 

なにせ全く同じ問題が出るわけではないのですから。

(自動車免許の試験など簡単すぎる試験は除く)

 

間違いを切れる

不正解の選択肢を全て否定できる。

つまり、分からない選択肢がないということですね。

解きながらここまで出来たら立派ですね。

ただし、過去問演習では解答解説を読んでここまで到達しましょう。

 

理由がちゃんと分かる

一つ一つの選択肢が何故間違っているのか、合っているのかが分かっている状態です。

これも過去問演習では避けて通れません。

本番でこの状態で解ける問題があるととても落ち着きますね。

 

理由を誰かに説明できる。

 

高度です。ここまで来れば満足していいでしょう。

分かるのと説明できるのとでは壁があります。

 

壁がありますが、訓練すれば自動的にレベル3から4に行けるようになります。

記述式の試験ではレベル3では0点になりますから、大問題です。

 

設問の背景が分かる

 

これは目指さなくて良いと思います。

ただし、学習が進めば、背景が見えてくる、出題者の意図が分かってくる問題に出会います。

ただし全ての問題にそもそも背景があるとは限りません。

 

まとめ

 

というわけでまとめると、

  1. センター試験のような選択肢型の問題の理解には5段階ある
  2. センター試験やその他の国家試験は過去問を深くやる価値がある

 

というわけです。

 

以上、

センター試験・その他の国家試験などの対策に〜選択肢型の問題の理解度には5段階ある

でした。

 

dngr

東大理三を目指して浪人し、東大模試で理三A判定、センター試験本番で93%得点したところまでは良かったが、550点中1.8点差で不合格になり、慶應医学部に進学して、勉強法ブログをずっと書いているどんぐり。 あと英単語・古文単語学習用アプリを作っています。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください