医学部志望の人が考えるべきセンター試験対策

慶應医学部(センター必要なし)の僕が語るのもあれですが、

一応東大理三を目指してセンター試験は93%ほどは取りましたので、センター試験の考え方を書きたいと思います。

 

まず、医学部志望なら90%取りたいですよね。

 

私が高1くらいの頃は医科歯科のボーダーが94とかでした。ボーダーですよ。

今はそれに比べれば優しい世界ですね。

センター試験がちょっとずつ難化しているのと、医学部が易化しているのと、両方あると思います。

 

 

センター試験全体で9割を目指す勉強法という記事があります。

ぜひ読んで頂きたいですが、医学部志望の人のために書き直してこの記事にしました。

 

 

全科目9割を目指すべき?

結論から言うと、そうではありません。

なぜなら、それだと二次試験で高確率で落ちるからです。

 

医学部志望の皆さんは理系ですから、センター数学で90%得点して良しと思ってはダメです。

 

過去問演習でも模試でも、数学理科2科目は、満点以外猛反省してください。

 

現実的には本番で380/400(95%)取りたいところでしょう。

絶対国語で失点するんですから、理系科目で貯金作らないとダメです。

 

私ですか?私は数1A物理化学が満点で

数2Bでドツボにハマって大パニックの末80点という…

それで380点ジャストでした(笑

まあ現実はこんなもんということで。

さらに詳しい記事

センター試験全体で”9割”を取る勉強法

 

にも書きましたが、

私の目標と、ノルマと、本番の点数はこんな感じでした。

 

  目標 現実的なノルマ 本番
英語(リスニングは除く) 195 190 193
数学1A 100 95 100
数学2B 100 95 80
物理 100 95 100
化学 100 95 100
現代文 85 75 77
古文 50 45 50
漢文 50 45 42
倫理 90 90 96
合計 870(むりw)

820(現実的)

838

 

目標は、過去問演習で目指す点数ですが、実際本番でこれだけ取れれば御の字というノルマを別に設定しています。

人間なので、絶対満点を取るというは無理ですから、数学も95点に設定しています。

参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

東大理三を目指して浪人し、東大模試で理三A判定、センター試験本番で93%得点したところまでは良かったが、550点中1.8点差で不合格になり、慶應医学部に進学して、勉強法ブログをずっと書いているどんぐり。 あと英単語・古文単語学習用アプリを作っています。