来春の受験に向けて今やるべきこと

来春の受験に向けて今やるべきこと…

 

結論から言いますと、基礎固めです。

当然ですね。

これを怠るとどうなるでしょうか。

 

4月から予備校に通うにせよ、通わないにせよ、

授業だとか模試だとかが生かしきれません。

 

 

だから取り返すどころか

どんどん差が開いてしまうのです。

 

というわけで、基礎を固めましょう。

例えば数学であれば、既に終わってる範囲の教科書レベルはクリアしておくべきです。

底の変換公式って何だっけ?とか言ってたら勉強にならないのです。

 

具体的には白チャート または黄チャート を使います。

黄チャートの重要問題は少しレベルが高いので飛ばしてもいいでしょう。

 

教科書レベル?大丈夫だよ!という人は1対1対応の演習をやりましょう。

 

これらは考えてやる問題集ではありません

 

偏差値65を目指すならその場で考える力が必要ですが、少なくともこれらは勉強したかどうかです。

 

覚えるつもりでやりましょう。

復習は問題を見て解法が頭に浮かぶかどうかで良いでしょう。

復習時にいちいち解く必要はありません。

 

 

英語は単語よりも文法です。

単語は極論すれば受験本番の朝まで勉強し続けるものです。終わりなんてないからです。

しかし文法は限りがありますし、これが分からないと長文読解も精読もできません。

私はフォレスト を通読しました。

 

分厚い本なので万人に通読をお勧めできるわけではありませんが、浪人生など時間のある人は一度通読をお勧めします。

文法はある程度分かっているつもりでも目から鱗が落ちるんじゃないでしょうか。

 

理科社会古文漢文は今の時期は遅れを取っていても大丈夫です。

数学や英語の基礎がまだの人はこれらからやりましょう。

 

dngr

東大理三を目指して浪人し、東大模試で理三A判定、センター試験本番で93%得点したところまでは良かったが、550点中1.8点差で不合格になり、慶應医学部に進学して、勉強法ブログをずっと書いているどんぐり。 あと英単語・古文単語学習用アプリを作っています。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.